バイナリーオプション、マーチンゲール法の魅力に騙されるな!

マーチンゲール法というギャンブルの賭け方があります。

バイナリーオプションを例にすると、あるオプションで上がる方に賭けてそれが負けた時は次に賭ける金額を2倍にする方法です。

負けが続く限りこれを繰り返していき、勝ったならば賭金を一番最初の額に戻します。

このマーチンゲール法を用いれば、いつか勝った時にそれまでの負けがすべて挽回できるということでよく必勝法としていう人がいます。

またこの方法を必勝法として大金で買わせる情報商材も巷に出回っていると聞きます。

しかしこのマーチンゲール法、別名は破滅法といい、普通のトレーダーが用いると必ず破産する必敗法でもあるのです。

まず、最初に負けていた時に資金全体の何%を賭けていたかによってどうかわるか考えてみましょう。

まずは資金全体の1/10の場合、1回目の負けで損失は1/10で2回目には2/10を賭けます。これも負けたとすると3回目には4/10を賭けることになり、これも負けてしまったとするともう残りが一番初めにあった資金の3/10しかなくなってしまうのでこれ以上この方法で賭けることはできなくなってしまいます。

同様に1/100の場合では6回目に、1/1000の場合だと10回目に負けた場合にはもうこれ以上続けられなくなり破たんします。

バイナリーで5,6回連続して負けるということは非常によくあります、なのでこのことからもマーチンゲール法が実戦向きでないことが分かるでしょう。また、マーチンゲールを使って勝ったとしてもその利益は最初に賭けたポジション分の利益に過ぎません。

自分の資金を全部損するリスクと向き合いながらリターンがそれだけでは不釣り合いです。さらには現実の相場において「負けた」=自分の相場観が今の相場に通用していない、ということです。

ですから1度負けた後は自分の相場観を修正するか、相場の局面自体が変わらない限りは容易に何度でも連続して負けることになります。

以上のことからマーチンゲール法がいかに必勝からほど遠い方法かがお分かりいただけたかと思います。

上に「普通のトレーダーが用いると必ず破産する」と書きましたが、そうでないトレーダーとはもちろん「資金を無限に持つトレーダー」のことです。